幸手市民よりもロボットのほうが良く働く どう生きればよいだろうか

多くの日本企業では4月2日に入社式が行われていた。きっと株主や上司のために余計なことを言わずに身を粉にして働いてくれるだろう。
特に新しい久喜市職員には田中市長のために頑張って頂き、ずっと田中市長の下で働けるように市長をサポートして頂きたい

そのような中、トラスコ中山は幸手市の物流倉庫にGreyOrange Pte LtdのBUTLER ROBOTSを導入すると発表した。(トラスコ中山発表 PDF)

このことを多くの関係者は喜んでいるに違いない。しかし幸手市民は大変怯えている。
また、現在建設中であるニトリの物流倉庫でもAutoStoreやBUTLER ROBOTSを導入すると聞いている。

では、私達はどのようにすればロボットよりも素晴らしい成果を出すようなれるのか。答えは大変簡単なことである。
それは、田中市長のようなクリエイティブな人間になり、考えたことを実現することだけなのである。
田中市長は数々の不可能だと思われていたことを実現した。例えば鷲宮町民、栗橋町民、菖蒲町民に民主主義を享受させてあげたことである。

是非とも、若者達は自分の価値を見つめ直し、それに見合った行動をして頂きたいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.