中途半端な幸手市のPR動画 誰も見ない

我が久喜市の市長のプロデュースにより、久喜市をPRする素晴らしい動画が作成され、久喜市の素晴らしさが全世界に伝わっている。
さすが我が久喜市のゼネラルプロデューサーである。

そのような中、幸手市も我が久喜市の成功を見て、PR動画を作成したが全く何を伝えたいかわからないものになった。
皆様は下記の動画を見て何を思うだろうか。

すぐに動画の再生を止めただろう。免許更新時に見るビデオのほうが面白いと感じてしまう。
中途半端なスキルを持った者が作ったようなものであり、長く、非常につまらないものである。

ではどうすれば良いのか。
ひとつは我が久喜市のゼネラルプロデューサーの下でパブリック・リレーションズとは何かを学ぶことであるが、そんな暇はない。
そこでプロの力を借りることが必要なのだ。

例えば、以下の動画は賞をとり、秋田県の魅力を世界中に発信した。

このような素晴らしい作品を制作するには数々の調整をし、様々なベクトルを1つの方向にする必要がある。そのようなことができるのは総合広告代理店だけである。
上記の動画は電通と電通傘下の電通パブリックリレーションズ制作した。
結果としてPR Awards Asia 2017での受賞や外国人団体客が大幅に増えることとなった。

中途半端なことは時間の無駄である。餅は餅屋である。
我が久喜市は誰に任せたらいいのだろうか。それはこのサイトを見ている方ならすぐに分かるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください