また市長が賞賛される! 我が久喜市の公文書管理 NHK 時論公論で絶賛される

今、国ではちょっとした間違いにより大きな騒ぎとなっている。
このようなちょっとした間違いを大きな問題と捉え、煽っているのがいるために混乱が生まれている。このことは大変残念なことである。

そのような中、我が久喜市の現市長により作られた公文書館が注目され、人気番組の「時論公論」で取り上げられた。(NHK 「公文書をどう管理すべきか」(時論公論))

from Wikimedia

多くの市民の皆様が知っているように、我が久喜市の公文書管理は厳格なものであり、グローバルスタンダードのレベルである。民主主義の手本となるものだ。
解説者は我が久喜市の取り組みを紹介し、大変素晴らしいものである。日本にこのような先進的自治体があるとは驚いた。このことは日本のスタンダードになると絶賛をした。多くの視聴者は我が久喜市の市長に尊敬の念を持ったに違いない。

行政が素晴らしくなるには優秀な長が必要となる。今日、その結果が出る。結果に期待したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください