👦久喜市立菖蒲南中学校を早急に廃校にし、効率的な財政を目指そう👧

我が久喜市は大変な危機的な状況を迎えている。それは田中市長がいなくなり市政が大変な混乱に陥っているからである。そして今、久喜市を支えているのは田中市政時の優秀な職員達であり、何とか久喜市が保たれている状態である。

そのような中、久喜市は菖蒲南中学校の統廃合等の検討に関する説明会を開催すると発表した。(久喜市のウェブサイト

まず、菖蒲南中学校の生徒数はたった117名である。(菖蒲南中学校のウェブサイト
大変少ない人数であり、生徒たちは寂しい思いをしているに違いない。このような学校が今まであったことにたいへん驚く。
また、学校の所在地にも大変驚いた。何もなく誰がこの場所に通うのだと思ってしまった。牛などが通う学校なのだろうか。

保護者は子供たちのことを第一に考え、廃校の計画を全面的に支持をするべきではないだろうか。
学力向上の近道は競争であり多くの生徒達と争わせることが子供たちの成長へ繋がるのだ。そして、久喜市に貢献する立派な人間になるのである。
統廃合の検討に関する説明会の実施報告書を見ると未だに現実が分かっていない輩がいることに大変驚く。(小林小学校・菖蒲南中学校の統廃合等の検討に関する説明会実施報告書)
真剣に子供たちのことを考えて頂きたいものである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください