久喜市 家に端末がない子どもにHUAWEI MediaPad T5!?を貸与 驚きだ!

私は両親に感謝をしている。
なぜなら教育にお金を掛けてくれ、素晴らしい人生を送っているからである。
このウェブサイトを見ている立派な方々も同じ思い出はないだろうか。

そのような中、久喜市はオンライン授業に端末がなくアクセスできない子どもたちにHUAWEI MediaPad T5を貸与してあげることを各小中学校を通じて保護者に知らせた。(PDF 自宅学習用タブレット型情報端末の臨時貸し出しについて)

私はこの情報を聞いたとき大変驚いた。無償で提供されたものではあるが、果たして授業に十分耐えられるものかと思ってしまう。
また、キーボードもないため大変使い難いに違いないだろう。ペンも使えない。
子どもの使い方を想定すればすぐに分かるだろう。

一方、子どもを想う心がある東京都渋谷区は区立小中学校のすべての児童向けに Microsoft Surface Go 2を導入すると発表した。
私は渋谷区の姿勢に感銘を受けた。やはり行政の長のレベルが違うとこんなにも差が出てしまうと思った。
何よりも子どもを想う素晴らしい心が渋谷区にはあるに違いない。
もし、久喜市の児童がこの事実を知ったら心に深い傷を負うことになるのではないだろうか。

私は保護者の皆様に伝えたいことがある。それは子どものことを想うなら正しい投資をするべきだ。
SurfaceもiPadも10万円あれば買えるものだ。正しい機器を与え、活用すれば十分に投資以上のリターンが返ってくる。
何よりも子どもが親へ感謝の気持ちを持つことになるのだ。

そして、もう1つ伝えたいことは我が久喜市の教育に期待をしてはいけないことだ。
まず、子どもを私立の学校に通わせるべきだ。それが愛なのである。

「久喜市 家に端末がない子どもにHUAWEI MediaPad T5!?を貸与 驚きだ!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください