我が久喜市におけるマスクの価格は通常に戻る

多くの市民の皆様が安倍晋三首相の強いリーダーシップのもと、家にとどまり正しい生活をしている。
多くの方が不便な生活をしているが、東京2020の開催を楽しみにし耐えている。

そのような中、我が久喜市のドラッグストアには既に多くの日本製のマスクが店頭に並べ、適正な価格で販売をされているようになった。
こちらも政府の要請や支援により多くの製造業者がマスクの生産を増やしたおかげであろう。
私もユニ・チャームの超快適マスク30枚入り(980円)を5箱買うことができた。

ただ残念なことがある。
それは久喜市では未だに質が悪く、誰が作ったか分からないマスクを50枚入りで2000円から3000円で販売している店が未だにあることだ。
飲食店であったり、美容室であったりと普段マスクを販売していないところで販売しているので衛生状態にも大きな不安がある。
多くの市民がこのような行為を快く思わず、緊急事態宣言が解除された後、多くの市民がそのような店から離れることになるだろう。

我が久喜市にリーダーがいない中、多くの市民の皆様が頑張られている。
是非とも今後も頑張って頂きたいもである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください