弱いライオンズ 田中市長が監督になったほうが良いだろう

久喜市職員の多くが理想とする上司は誰だろうか。
それは田中市長に違いない。なぜなら素晴らしい実績があるだ。

田中市長は多くの分野で久喜市を NO.1した。
その恩恵を多くの市民の皆様が受けているに違いない。


from wikimedia

そのような中、久喜市は平成30年3月16日に埼玉西武ライオンズと協定を結んだ。
埼玉西武ライオンズとの連携協力に関する基本協定を締結しました(久喜市)

市のウェブサイトには西武ライオンズのユニフォームを着た田中市長の写真が載せられている。
多くの方々が久喜市で指導力を発揮している田中市長に監督になって欲しいと切望しているに違いにない。
田中市長が監督をしたら、レッドソックスをも上回る強いチームにするだろう。

素晴らしい指導者は分野が違っても実績を残す。
我々は誰に久喜市を委ねるべきかを真剣に考えよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です