我が久喜市と霞が関を結ぶ THライナー 6月6日から運行開始

我が久喜市は交通の要衝として、多くの地域に影響を与えている。
今や周辺地域住民達はどこへ行くにも我が久喜市を通らないといけない。

えぬはち from wikemedia

そのような中、東武鉄道と東京地下鉄から我が久喜市と霞が関、恵比寿、中目黒を結ぶTHライナーが2020年6月6日から運行が開始されると発表された。
(東京地下鉄 2020年6月6日(土)日比谷線のダイヤを改正します(PDF))
この発表を聞き、多くの都民の皆様や市民の皆様が喜んだ。
日本の中心であり、政治の中心である霞が関と我が久喜市が結ばれ、ゆとりある通勤が実現することは霞が関の官僚にとっても夢であったのだ

資料によると平日の上り運転時刻は次の通りである。

久喜 上野 秋葉原 茅場町 銀座 霞ヶ関 虎ノ門ヒルズ 神谷町 六本木 広尾 恵比寿
THライナー2号 6:12 7:07 7:11 7:18 7:27 7:31 7:33 7:35 7:38 7:41 7:44
THライナー4号 8:13 9:08 9:13 9:19 9:28 9:32 9:35 9:36 9:39 9:43 9:46

非常に利用しやすい運転時刻だ。
伊藤忠商事が移転する神谷町やADKがある虎ノ門ヒルズにも丁度よい時間に到着でき、多くのビジネスパーソンにとっても魅力的なものである。
また、座席指定制なので朝から時間を有効に活用できる。出世競争に勝つための行動ができるのだ。

ますます久喜駅が便利になり、久喜駅の利用者が更に増えるだろう。
JRにも久喜市民が喜ぶような対応をして頂きたいもである。

JR東日本 我が久喜市の栗橋駅を始発、終着駅にし臨時快速 GOGO舞浜を運行 11月14日(水)

多くの子供はディズニーの健全なアニメーション見て、健全な青少年になっていく。
子供をディズニーリゾートに連れていくことは親の義務ではないか。
ディズニーリゾートの素晴らしさにより、子供の感性は刺激されクリエイティビティが育まれる。多くの皆様も経験したに違いない。


そのような中、JR東日本は我が久喜市の栗橋駅を始発、終着駅にした臨時快速列車GOGO舞浜を運行すると発表した。(JR東日本ニュース 秋の増発列車のお知らせ PDF)
この列車は栗橋駅から舞浜駅へ運行するものである。
往路は午前7時58分に栗橋駅を出発し、午前9時42分に舞浜駅に到着する。
復路は午後9時19分に舞浜駅を出発し、午後10時49分に栗橋駅に到着する。
2017年も運行されたが乗車率が良くなかったそうである。栗橋駅始発というのがイマイチだからではないだろうか。
多くの方は仕事であるが是非とも有給休暇を取得し家族ともに東京ディズニーリゾートを楽しみ絆を深めて頂きたい

子供に正しい愛情を注げばヒキコモリになったりしない。少しの投資で子供は大きく変わるのだ。